引越し料金の裏テク

よくある引越しの疑問をチェック!記事一覧

引越しの移動中に荷物が壊れた場合には、引越し会社は保険に入っているため、保険の範囲内で補償を受けることができます。ただ保険の額には上限があるため、高級品などは補償が受けられないことがあります。また壊れたものを見つけたら、そのままの状態で写真...
引越し当日に雨が降ってしまった場合でも、引越しは原則的に延期やキャンセルはできません。雨の日の引越しは、荷物が水に濡れないよう、梱包を特に厳重に行いましょう。引越しを延期するにはキャンセル料がかかる引越しは、原則的に雨天決行となります。法律...
引越しをキャンセルすると、法律で定められたキャンセル料が必要になります。キャンセル料は次のとおりです。引越しの2日前まで・・・無料引越しの前日・・・引越し代金の10%引越しの当日・・・引越し代金の20%これは法律で定められた金額ですから、ど...
一人暮らしの人などは、荷作りは引越し当日にやればよいと思う人もいるかもしれません。でも荷作りは思いのほか時間がかかるものですから、自分で荷作りするプランの場合は引越し前日までには終わらせるようにしましょう。荷作りには思いのほか時間がかかる荷...
引越し業者が旧居から荷物を運び出したあとは、家に引越し作業によってキズが付いていないかどうかを確認し、忘れ物のチェック、掃除をします。そのあと必要なら大家さんや管理会社の点検を受け、家の鍵を返します。傷が付いていないかどうかの確認は引越し業...
引越し荷物を新居に搬入したあとは、家に傷が付いていないか、荷物が破損したり紛失したりしていないかをチェックする必要があります。破損や紛失は、確認が遅くなると補償してもらえない場合もありますので注意が必要です。家の傷や荷物の破損・紛失はできる...
引越しの下見の時には、まず荷物の量、それから新居の状況を正確に伝えることが大切です。これらは引越しの見積もり料金を大きく左右しますし、さらに間違って伝えてしまうと追加料金を取られる可能性もありますから注意が必要です。荷物の量を正確に伝えるこ...
引越し料金の簡易見積もりは、ネットの一括見積もりサービスを使えばすぐにできます。もし迷惑メールが心配なら、1つ無料のメールアドレスを作っておくといいと思います。引越しは複数の業者に見積もり依頼するのが基本引越し料金は、業者によってかなり大き...
引越し業者に相見積もりを取ることは、最近では当たり前になっています。ただ同じ時刻に営業マンを下見に呼ぶのは、マナー違反となります。引越し業者に相見積もりを取るのは当たり前引越し料金は、同じ引越し内容でも業者によって値段が大きく違ってきますか...
業者が遅刻した場合、午前便でスタート時間が決まっており、さらに遅刻の理由が業者の不手際ならば、値引きを請求できる可能性があります。ただ午後便やフリー便の場合や、また遅刻の理由が急な天候悪化などやむを得ない場合には、請求は難しいと思います。午...
引越し料金は、12月〜1月は2月〜4月にかけてに次いで高くなります。年内に新築・建て替え物件に入りたいという人が多いからです。12月と1月は引越し料金が高いこちらの記事で引越し料金が高くなる時期について解説しましたが、引越し料金が1年の中で...
週末の引越し料金を少しでもお得な金額にするためには、ネットの一括見積もりサービスなどを利用するのがコツとなります。多くの業者に見積もり依頼ができるため、週末でも空いていて安く引越しを請け負ってくれる業者が見つかるかもしれません。週末は引越し...
引越し業者のトラックには、基本的に乗せてもらうことができません。事故が起こる可能性があり、その際の補償ができないからです。引越し業者のトラックには乗せてもらえない一人暮らしの引越しの場合などなら、引越し業者のトラックにいっしょに乗せてもらっ...
引越しの際、ペットを自分で連れていけない場合もあると思います。その場合引越し業者に相談すれば、提携するペット輸送の専門業者に依頼してもらえます。ペットを引越しするにはペット輸送の専門業者が必要引越し業者はペットなど特別な配慮をする必要がある...
家具のサイズが大きくて新居のドアから入れることができない場合もあると思います。これは事前に業者に伝えると、業者が可能な限り方法を考えて対処してくれます。ただ場合によっては追加料金が必要なこともあります。家具が新居のドアから入りそうにない場合...
大規模な新築マンションなどの場合だと、同じ日に複数の引越が重なってしまうことがあります。エレベターの使用時間や先着順の作業になるかなどを確認の上、きちんと引越し業者に伝えておく必要があります。引越し日を決めるところから調整が必要大規模な新築...
引越し当日の朝食や昼食をどうするかは、考えどころになると思います。冷蔵庫の電源も抜いてありますし、基本的にお弁当か外食で済ませるしかありません。またゴミの始末をどうするかも考えておく必要があります。引越し当日は食事は作れない引越しの当日は、...
家電製品は周波数が違う地域では使えないものがあります。その場合は部品を交換するか、または買い換える必要があります。電気には異なる周波数がある電力会社から送られる電気は、周波数が地域によって50Hzのことと60Hzのこととがあります。だいたい...
北海道などの寒冷地へ引っ越す場合は、料金は1〜2割程度割高になります。また自動車なども寒冷地仕様へ変更する必要があります。寒冷地へ引っ越す場合は引越し料金は割高になる寒冷地へ12月〜3月の寒い時期に引っ越すとなると、通常より1〜2割程度、引...
家の建て替えの際、荷物を保管してくれるサービスを多くの引越し業者が行なっています。引越しとセットの建て替えパックも大手の引越し業者は設定していますから、利用すると便利です。家の建て替えには2回の引越しと荷物の保管が必要家の建て替えは、本当に...
事務所の引越しには膨大な作業がかかります。これを通常業務と並行して行わなければなりませんから、まずは早い段階で、事務所引越しの専門業者にプランニングの段階から相談することが大切です。新しい事務所はきちんとプランニングすれば、新しい理想の仕事...