引越し料金の裏テク

インターネット回線の同時契約でさらに料金が激安に!?

 

今やほとんどの家がインターネットを利用していると思いますが、引越し先のインターネット回線の契約はもう済んでいますか?

 

もしまだ契約が済んでいないなら、実はそれを条件にして、激安で引越しをすることができるかもしれません。

 

あくまでも新規で申し込みをする人だけが対象となりますが、知っておいて損はない裏テクなので、ぜひ覚えておきましょう。

 

値引き交渉の超裏技!?ネット回線の同時契約で3万円割引も

引越し業者の料金を激安にするコツは、こちらの記事(裏テクその1)で紹介しました。

 

簡単に説明すると、インターネットの一括見積もりサイトを使って、
一番料金が安くてお得な業者を探し出す、という方法です。

 

これは簡単にできて、すごく効果的な方法なので、
引越しをするなら必ずやった方がよい値引き術なのですが、
もう一つ、プラスアルファで値引きが狙える方法があります。

 

それは、先ほどの手順で料金が安い業者をピックアップした後に、

 

「インターネット回線も同時契約しようと思っているんですけど、
 そちらで一緒に契約することはできますか?」

 

と交渉を持ちかけることです。

 

引越し業者の中には、ネット回線の代理店をしているところもあるので、
ネット回線の契約を条件に、さらに値引きしてくれるケースがあるのです。

 

しかも値引き幅はかなり大きくて、
業者によっては3万円以上も値引きしてくれるケースがあるので驚きですね。

 

具体的な交渉手順

やり方はかなり簡単で、下記の手順で交渉してみるだけです。

 

1.一括見積もりサイトを使って安い業者をいくつかピックアップする
2.候補となる業者に、ネット回線のことを伝えて交渉する
3.その中から一番条件がお得な業者を選ぶ

 

ここでもポイントとなるのは、一括見積もりサイトを使うことです。

 

一括見積もりサイトを使うことで、
業者側は「他と料金を比較されている」というプレッシャーを感じますので、
値引き交渉の成功率が大幅にアップします。

 

しかも、どの業者も「他より早く契約したい!」と考えているので、
わざわざこちらからインターネット回線のことを持ち出さなくても、

 

「もし新規にインターネット回線を契約してくれるなら、
 うちの引越し料金を●万円値引きしますよ!」

 

などと、向こうから話を持ちかけてくれることもあります。

 

3万円も値引きできたら相当お得なので、
新たにインターネット回線に申し込む予定がある人は、ぜひトライしてみましょう。

 

値引き交渉をする際の注意点

成功すればかなりお得な値引きテクニックですが、
いくつか注意点があるので、下記の内容もおぼえておきましょう。

  • 特定の業者では使えない場合がある
  • 業者が指定したプロバイダと契約しなければならない

 

まず、今回解説したテクニックですが、
「引越し専業」でやっている業者に対しては基本的には使えません。

 

そのため、大手の業者の一部では使えないことがあるので、
断られた場合は別の業者を探すようにしましょう。

 

引越し業者の中には、引越しを専業でやっている業者と、引越し以外の事業をやっているところがあります。(例えば運送業やネット回線の代理店など)

 

また、この方法でインターネット回線の契約をする場合には、
業者側が指定するプロバイダを使わないといけないケースが多いので、
そこを割り切れるかどうかがポイントとなります。

 

この辺は各業者によって条件が異なってきますので、
契約する前によく確認するようにしましょう。

 

単身引越しの人ならタダで引っ越せる場合も!

多少の注意点はあるものの、やはり値引きの効果は非常に大きいです。

 

例えば単身引越しする人で荷物が少ない場合なら、
今回解説したテクニックを使うことで、
なんと「タダ(無料)」で引越しができるケースもあります!

 

もちろん、2月や3月などの引越しシーズンでは難しいですが、
その他の空いている時期なら、タダで引っ越せるケースもありますので、
ぜひ試しに一度交渉してみましょう!

 

 

たった3分で一番お得な業者がわかる!無料の一括見積もりはこちら
※引越しシーズンに入って予約が取りにくくなっています。
 確実に業者を抑えたい人は、一括見積もりサイトを使って早めに予約しましょう。

関連する記事

たった3分で引越し料金を最大半額にする裏テク!
不要品処分と上手な梱包で料金を安くする裏テク!
自分で引越しするよりも、業者を使った方が結局安い!
安く引っ越すコツは「荷物の量(箱数)」を減らすこと!
見積もり交渉で引越し業者に支払う料金を安く値切ろう!
曜日、時間帯による料金差(土日の引越し、午前午後の違いなど)
梱包を自分でやれば引越し費用は抑えられる!
引越し業者のダンボールはもらわずに自分で集めて費用削減!
追加料金が発生しないようにしっかり見積もり(下見)をしてもらおう!
引越し業者側で暇な日がないか確認して、値段交渉をしてみよう!
2月と3月の引越し料金はかなり高くなることを覚悟!
長距離の引越しなら、荷物の到着日を指定しなければ安くなる場合も
学生パックなどの引越し料金が必ずしも安いとは限らない
新居前の道幅、エレベーターの有無は料金に影響するので必ず伝えること
エアコンの引越しはかなり料金がかかるので注意!
ピアノの引越しはお金がかかる。場合によっては専門業者が必要かも!
バイクや車を引越し業者に運んでもらう場合の費用
大型家具は一つあるだけで引越し料金が高くなる可能性が!
特別な費用が発生するオプションサービスは極力使わないこと
万が一支払時に追加料金を請求された場合はすぐに支払ってはダメ
引越しの荷造りのみの専門業者に頼んだ場合の料金は?